/

この記事は会員限定です

38歳新星ブティジェッジ氏 世代交代訴え

急浮上、サンダース氏と競る

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】11月の米大統領選に向けた野党・民主党の候補者選びの初戦は、穏健派の前インディアナ州サウスベンド市長、ピート・ブティジェッジ氏(38)が事前の予想を覆して急浮上した。全米で支持率首位のジョー・バイデン前副大統領(77)を大きくしのぐ健闘ぶりだ。左派のバーニー・サンダース上院議員(78)と共通するキーワードは「世代交代」だ。(総合2面参照

「ブティジェッジ氏は若く、分断した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン