治療に既存薬、効果探る HIV薬やインフル薬、中国・タイで調査 症状改善報告も

2020/2/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続くなか、既存薬を治療に使う試みが相次ぐ。

タイ保健省はエイズウイルス(HIV)治療薬とインフルエンザ薬を混合して70代の重症患者に投与し、症状の改善を確認したと発表した。中国ではこれらの既存薬を含む約30種の調査が進む。

最新論文を公開するサイトには治療薬候補の報告が相次ぐ。中国科学院の研究者らは日本たばこ産業が製造するHIV治療薬を、中国の陸軍医科大学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]