/

この記事は会員限定です

新型肺炎、車生産に影響浮き彫り 現代自が工場停止

中国から部品滞る 在庫リスク、日本勢も懸念

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で中国の工場の生産停止が長引き、世界の自動車生産に影響が出てきた。韓国・現代自動車は中国からの部品供給が滞り4日以降、韓国国内3カ所にある全工場の稼働を順次停止する。世界最大の自動車市場に成長した中国は部品の供給拠点としても存在感を増し、世界各地に供給している。日本にも影響は大きく、サプライチェーン(供給網)のリスクを浮き彫りにしている。(関連記事を総合1総合2政治国際・アジア企業2社会2面に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン