/

この記事は会員限定です

3メガ銀の収益力、米銀と差開く

4~12月そろって減益 資産拡大路線に転機

[有料会員限定]

日本の大手銀行の収益力が伸びていない。メガバンク3行の2019年4~12月期は連結純利益がいずれも減益となった。米国の大手銀は決算が好調で、収益力に差が開いている。邦銀は米銀を超えるペースで融資などの資産規模を拡大してきたが、海外案件での競争は厳しく、十分な収益に結びついていない。資産規模の拡大で成長を目指す戦略は転機を迎えている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン