/

この記事は会員限定です

市場、拭えぬ中国不安 新型肺炎拡大

原油、一時50ドル割れ 低金利観測、米社債利回りが最低

[有料会員限定]

新型肺炎の広がりが市場の景気不安を強めている。中国での原油需要の低迷が懸念され、ニューヨーク先物価格は3日、一時1バレル50ドルを割り込んだ。景気回復が遅れて米国の低金利政策が長引くとの思惑から、米社債の金利も過去最低となった。4日の中国株はひとまず反発したが、新型肺炎で中国の成長率が5%を割り込むとの試算も出てきた。不安定な値動きが続く可能性が高い。(1面参照

ニューヨーク原油先物の1バレル5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン