/

この記事は会員限定です

サイバー被害は専用保険で

各国損保、既存補償から分離 企業、防衛策急務に

[有料会員限定]

世界の保険会社は企業を狙ったサイバー攻撃(総合2面きょうのことば)の被害について、専用保険で補償していく。従来の保険では、急拡大するサイバー攻撃のリスクをカバーできないと判断する国際的な基準が固まったためだ。国内の損保各社は2020年度中にも、サイバー被害は既存の火災保険の補償対象外と明確にする。企業は専用保険の保険料を抑えるためにも対策を急ぐ必要がある。

大手保険会社間の保険の引き受けを仲介する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン