ホルシム(フィリピン) 財閥による買収頓挫 懸念

2020/2/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

3日のフィリピン株式市場で、セメント大手のホルシム・フィリピンが大幅に続落。前週末比2.54ペソ(20%)安の10.16ペソに下落し、約10カ月ぶりの安値で引けた。フィリピン競争委員会が1月31日、大手財閥サンミゲルによるホルシム買収計画について、健全な競争を阻む公算が大きいとの調査結果を公表。買収が頓挫するとの懸念から売りが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]