/

この記事は会員限定です

シーメンスIoT 日本浸透

ソフト単体販売で導入費10分の1も 中小に商機、提携急ぐ

[有料会員限定]

独シーメンスが日本の中小製造業に対し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の売り込みを強めている。アプリの開発や営業で外部企業と幅広く連携して、ソフトを格安で提供。独自プラットフォーム(情報基盤)「マインドスフィア」の浸透を図る。ソフトで稼ぐ姿勢を鮮明にするシーメンスは、ハードを主軸とする日本勢のIoT戦略も揺さぶる。

雪を頂く月山連峰を臨む、金型メーカーIBUKI(山形県河北町)の本社工場。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン