/

この記事は会員限定です

米国大統領就任式 日本国際問題研究所理事長 佐々江賢一郎

[有料会員限定]

米国の大統領就任式は4年に1度、年の初めに議事堂前の屋外で行われるが、自分が体験した2回の就任式は寒い日であった。事前に防寒の用意をしてくるよう注意があったので、背広、シャツ、コートの下に厚着をしていく。自分たち外交団は議員団の近くに着席し、大統領の演台を斜め後方から見下ろすような場所で式の始まるのを長時間待つ。寒さで唇が震え、膝がガクガクする。

大統領が登場すると広場から歓声が湧き、新しい治政へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン