/

この記事は会員限定です

中国株・人民元 急落

春節明け、新型肺炎が影 人民銀が18兆円供給

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】中国で春節(旧正月)休暇を終えて初の取引となった3日、中国株と人民元はともに急落した。上海総合指数は春節前に比べ9%近く下落して始まり、元の対ドル相場は一時1ドル=7元台と2019年12月以来の安値をつけた。新型肺炎の感染拡大に歯止めがかからず、中国だけでなく世界経済に与える影響への懸念が広がった。(関連記事総合面、社会2面に)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン