/

この記事は会員限定です

新エネ生み出す基礎科学

[有料会員限定]

化石燃料による発電は、炭素化合物の酸化反応によって生じる熱をうまく取り出すものだ。分子・原子レベルの比較的単純な反応を利用していると言える。

物質の基本粒子を探る研究が進むと原子核の振る舞いもわかってきた。重い不安定な原子核が分裂してエネルギーを出し、安定な状態の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン