/

この記事は会員限定です

心疾患、AIで重症度判断

三重大、患者の負担軽く正確に

[有料会員限定]

生まれつき心臓の形や機能に異常がある先天性心疾患の患者の胸部エックス線写真から、人工知能(AI)で重症度を判断する手法を開発したと三重大の研究チームが3日までに発表した。医師の判断よりも精度が高く、患者への負担が大きい心臓カテーテル検査をしなくても正確に評価できる可能性があるという。

心臓は全身から戻ってきた血液を肺に送り、肺で酸素を取り込んだ血液を全身に送り出すポンプの役割を果たしている。

チー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン