/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

合唱で出演する友人の応援に駆け付けたコンサートで、期せずして「威風堂々」を聴いた。英国民の愛する「第二国歌」。日本でも卒業式などで耳にする心地よい旋律が流れると、不思議な感慨を覚えた。欧州連合(EU)からの離脱を3日後に控えた夜だったからだ。

▼「プロムス」と呼ばれ親しまれる本国ロンドンの音楽祭では、会場を埋める数千の聴衆が立ち上がっての大合唱となる。ニュース映像などを見るたび、英国の人々の愛国心や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン