/

この記事は会員限定です

日立、日立ハイテクにTOB

完全子会社化でグループ再編 トップ3代の改革加速

[有料会員限定]

日立製作所は31日、約52%の株式を持つ計測機器製造の上場子会社、日立ハイテクノロジーズにTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化すると発表した。日立化成売却の決定に続くグループ再編だ。日立金属には本体の経営幹部を送り込み「日立御三家」の整理にめどをつけた。川村隆氏(現東京電力ホールディングス会長)から3代にわたってトップが挑んだ構造改革が、最終局面を迎えている。

「計測・分析システムが加わればデジタル事業を強化できる。それが完全子会社化の狙いだ」

日立の小島啓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン