/

この記事は会員限定です

大和ハウス、ナイキとロボット倉庫

作業員4分の1に

[有料会員限定]

米スポーツ用品大手ナイキと大和ハウス工業は、ロボットを活用した物流センターを共同展開する。保管用の棚をロボットが持ち上げ作業者の元まで運び、商品を取り出す作業を効率化する。作業員は従来の4分の1で済み、海外でも展開する。ネット通販の拡大と物流業界の人手不足によりロボット倉庫の需要は高まっており、倉庫を利用する企業を巻き込んだ開発競争は激しくなる。

物流施設向けロボット分野は米アマゾン・ドット・コムなどが先行する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン