/

この記事は会員限定です

「地元飲み」に酔って

各社、創業地で交流イベント

[有料会員限定]

東京・目黒の飲料メーカーが地元で"ハイサワー特区"を演出し、埼玉県秩父市ではウイスキー蒸留所が新しい祭りを生むなど、飲料メーカーと創業地の結びつきがイベントに結実している。地域に密着した各メーカーと地元の相思相愛ぶりを探った。

炭酸水に果汁を加えた「割り材」で、焼酎をおいしく割って飲むサワー。この飲み方が全国区になるきっかけを作ったのは、清涼飲料水メーカーの博水社(東京・目黒)が1980年に出した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン