/

この記事は会員限定です

コンビニエンスストアの未来(上)事業・収益モデル 転換点に

坂川裕司・北海道大学教授

[有料会員限定]

コンビニエンスストア市場で飽和論が再び囁(ささや)かれるようになった。発端は、本部とフランチャイズチェーン(FC)店舗の24時間営業を巡る衝突である。その衝撃はコンビニの存在意義を問い直すところにまで及んでいる。

本稿ではまず、国内でのコンビニの足跡をたどり、どのような成長の壁に直面し、いかに乗り越えたのかを明らかにする。そしてコンビニの抱えている限界とその克服の可能性、特に24時間営業が抱える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン