/

この記事は会員限定です

賃貸取引の書面電子化

利便性検証、113社が実験

[有料会員限定]

不動産の賃貸取引の書面をペーパーレスに――。国土交通省と消費者庁は、紙での交付が義務付けられている賃貸取引の重要事項説明書を電子化する実験を行った。2019年12月まで3カ月間の実験に参加したのは113社。新技術の実証を進める「規制のサンドボックス制度」を、省庁が事業者を取りまとめる方法で初めて活用した。

「宅地建物取引士が重要事項を説明します。次のページをご覧ください」。パソコンやスマートフォン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン