/

この記事は会員限定です

新型肺炎 運行会社悩む

バス運転手ら感染 予防徹底も閉鎖空間に不安

[有料会員限定]

日本国内で中国からのツアー客を乗せたバス運転手らが新型コロナウイルスに感染したことを受け、バスやタクシーの運行会社が対応に苦慮している。運転手にマスク着用を義務付けたり、降車後に換気したりしているが、閉鎖された空間で乗客と長時間接するため予防には限界もある。「いつ自分も感染するか……」。感染拡大が続く中、運転手らに不安が広がっている。(1面参照

「人手不足の中で運転手が感染したら大きな痛手だ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン