三井海洋、185億円の赤字 前期最終、油田関連で特損

2020/1/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三井海洋開発は30日、2019年12月期の連結最終損益が185億円の赤字(前の期は218億円の黒字)になったようだと発表した。従来予想はゼロだった。19年11月に次ぐ下方修正で、海洋油田を開発する船舶に不具合が見つかったことから、改修費用約170億円を特別損失に計上した。

ブラジルの沖合で運用していたFPSO(浮体式石油生産・貯蔵・積み出し装置)の一部に亀裂がみつかり、補修やえい航費用などを算定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]