/

ソニー、外部新興と協業推進

社内の蓄積技術、試作支援に活用

[有料会員限定]

ソニーは外部の起業家やスタートアップのアイデアを製品化するための試作支援に注力する。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」製品の試作に必要な技術などを提供する。外部の知見に触れることで、ソニー本体の事業に刺激を与える狙いもある。

ソニーが2019年に始めた試作支援サービス「スタートダッシュ・プロトタイプ」にIoT化の支援メニューを用意した。無線技術やメモリー、バッテリー、センサーなどの技術を外...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン