演劇トライストーン・エンタテイメント「少女仮面」 超現実的舞台 妄想が膨張

2020/1/31付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

昭和のアングラ演劇を牽引した唐十郎の代表作は令和の世に再生可能か。古典劇にポップな現代感覚を持ちこんできた注目の演出家、杉原邦生の挑戦的な舞台である。

1969年初演、まさにアンダーグラウンドの、地下喫茶「肉体」を舞台にした群像劇だ。宝塚スター春日野八千代を名乗る喫茶経営者が、歌劇団志望の少女と「嵐が丘」の劇中劇を演じる。地下鉄工事にいらだつ春日野に命じられた主任が現場に放火、空襲経験にとりつか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]