/

この記事は会員限定です

ESG変わるマネー(4)

企業、NGOの知見生かす

[有料会員限定]

タイ・バンコクから西に約30キロのサムットサコーン県。非政府組織(NGO)「ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン」の代表理事の下田屋毅は2019年2月、エビの加工工場に立ち入った。この工場から冷凍食品用エビを調達する味の素の依頼を受けて、エビの殻むきに携わる従業員の人権や労働環境を調べるためだ。

味の素はESG(環境・社会・企業統治)の観点からサプライチェーン(供給網)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン