/

この記事は会員限定です

ティエム、ナダル破る

全豪テニス 紙一重の戦い、打ち勝ち4強

[有料会員限定]

【メルボルン=吉野浩一郎】29日に行われた全豪オープンテニスの男子シングルス準々決勝で、史上最多に並ぶ四大大会20度目の優勝を目指した第1シードのラファエル・ナダル(スペイン、33)を第5シードのドミニク・ティエム(オーストリア、26)が止めた。四大大会6度目の対決で厚い壁をついに破り、全豪初のベスト4をつかんだ。

スコアは3-1でも楽な場面は1度もなかった。第1セット、第2セットとも先にブレーク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン