/

この記事は会員限定です

経産省、GAFA対策に虎の巻

シカゴ大が規制提言 独占警戒、実効性は未知数

[有料会員限定]

いま経済産業省が取り組む重要課題の一つはいわゆるGAFA対策だ。公正取引委員会や総務省とも連携しながら、今国会にITプラットフォーマーと取引先の契約条件の透明化を促す新法案などを提出する。巨大デジタル企業への包囲網、うまく敷けるだろうか。

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムのGAFAはいずれも米国企業。米国政府は日本による自国企業たたきを指をくわえて眺めるか、米政府の注文で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン