/

この記事は会員限定です

中国国内線2割欠航 北京・上海でも

新型肺炎で運航データ分析

[有料会員限定]

新型肺炎の拡大で、中国の人・モノの流れが滞っている。日本経済新聞が中国国内の航空データを分析したところ、28日は国内線の欠航が2割弱になった。封鎖状態の武漢だけではなく、北京や上海などの大動脈に運航停止が広がる。トヨタ自動車ホンダは工場再開を2月10日以降に延期すると決めた。新型肺炎の収束は見えず、春節旧正月、総合2面きょうのことば)休暇が終わる3日以降も中国経済への打撃は避けられない情勢だ。(関連記事総合2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン