/

この記事は会員限定です

片道50日 参勤交代を歩く

薩摩藩から江戸へ1400キロ、古地図を頼りにのんびり旅 上野堯史

[有料会員限定]

江戸時代、諸藩の大名は国元と江戸を約1年ごとに行き来する参勤交代を義務づけられていた。費用と手間をかけて立派な行列を仕立て、江戸から最も遠い薩摩藩では片道2カ月を超すことも多かった。私は約250年にわたる薩摩藩の記録331回をたどり、自ら街道を歩きながら約20年あまり研究してきた。

私の曽祖父は神主で、西南戦争に参戦した郷士でもあった。鹿児島に生まれ育った私は自然と日本史に興味がわき、高校教師にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン