邦人206人、武漢から帰国
新型肺炎 今夜にも第2陣派遣

2020/1/29付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、現地に滞在していた邦人206人を乗せた日本政府の最初の民間チャーター機が29日午前、武漢から羽田空港に到着した。政府は第2陣となるチャーター機を同日夜にも日本から派遣する方向で調整しており、残る邦人の退避を急ぐ。

関連記事総合面、社会2面に

感染症対策で政府が帰国用のチャーター機を派遣するのは初めてとみられる。206人は全…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]