/

この記事は会員限定です

観光・高級品に懸念 新型肺炎、原油も3カ月ぶり安値

医薬株は下げ小幅 世界景気 楽観論に冷や水

[有料会員限定]

新型肺炎の感染拡大で、世界経済の減速への警戒感が金融市場で広がっている。原油や銅といった国際商品は、約3カ月ぶりの安値まで急落した。中国の海外旅行需要の落ち込みで、レジャー関連を中心に業績悪化への懸念が強まる一方、医薬品などへの影響は限られるとの受け止めが目立つ。市場は2003年の「重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)ショック」の再来に身構えている。(1面参照

原油価格の国際指標となるニュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン