/

この記事は会員限定です

セブン&アイ、AIで発注

セブン一部店舗の2500品目で 小売り、IT投資加速

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスは人工知能(AI)を使った商品発注を本格導入する。セブン―イレブン・ジャパンは31日から一部店舗で導入し、イトーヨーカ堂では5月をメドに全店導入する。発注業務を効率化し、空いた時間を接客などに充てる。人手不足が続くなか、従業員の業務をどう効率化し、生産性を高めるかが小売業の成長を大きく左右する局面になっている。

セブン―イレブンは千葉県内のフランチャイズチェーン(FC)加盟店と直営店の計1100店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン