/

この記事は会員限定です

映画興行収入、最高額に

昨年 「天気の子」などヒット多く

[有料会員限定]

映画配給大手でつくる日本映画製作者連盟(東京・中央)が28日発表した2019年の映画興行収入は前年比17%増の2611億8000万円で、現在の公表形式になった00年以降で過去最高額を更新した。「天気の子」や「アナと雪の女王2」などのヒット作が押し上げた。ただ、動画配信勢も独自コンテンツを強化していて、20年以降は厳しいとの見方もある。

「素晴らしい1年になった」。記者会見に登壇した東宝の島谷能成社長は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン