京都「起業の都」復権へ 産学熱く 商議所、4月に若手育成基金 フェニクシー、企業内で新事業 立命館、コンテスト開催

2020/1/29付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

京セラなど世界的メーカーを生み出した京都で、「ベンチャーの都」の復権に向けた動きが加速している。京都商工会議所は28日、若手起業家の育成事業を運営する「京商知恵基金」を4月に設立すると発表した。京都では、新経済拠点「京都経済センター」の開業を機に内外の起業支援会社が進出。大学発スタートアップも盛り上がりを見せる。

■10年限定で支援 事業の対象となるのは35歳以下の若手起業家と起業を目指す学生・留…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]