/

この記事は会員限定です

三井物産、インドにモーター工場 電動バイク向け

[有料会員限定]

三井物産は台湾の電機メーカーの東元電機と組み、インドで産業用と電動バイク向けのモーターを生産する。三井物産が4割、東元電機が6割を出資し、今年末に年産11万台の工場を稼働させる。インド政府は環境対策と原油輸入の急増を抑えるために電動車両(EV)の普及を急ぐ。現地の日本メーカーやスタートアップに売り込み、市場を確保する狙いだ。日本企業がインドでEV用のモーターを生産するのは初めてとみられる。

東元電機は売上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン