東京都予算2020(中) 在宅勤務推進へ機会創出
氷河期世代の就労も支援

2020/1/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都は2020年度、働き方改革を後押しする新規事業を始める。柱となるのが自宅や別の拠点で仕事をするテレワークなどの体験機会の提供だ。サテライトオフィスを整備して開放し、テレワーク実施企業を現状の25%から五輪期間中に44%に高める目標だ。働く意欲がありながら就労できていない人への支援にも乗り出す。

「話しかけられず集中しやすい」「導入手法を他社から学びたい」。都内オフィスビルの一室で27日、様…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]