国内最大、不動産投資に3000億円 米ファンド
海外勢活発、一部で過熱感

2020/1/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米投資ファンド、ブラックストーン・グループが、日本の賃貸マンション群を一括の取引として過去最大の約3000億円で買うことがわかった。超低金利の資金調達コストを考慮すると日本の不動産の利回りは世界的に高く、割安とみた海外投資家の不動産売買(総合2面きょうのことば)が盛んになっている。海外勢の参入は今後も続く可能性が高い。海外勢が日本の不動産市場の過熱をけん引する構図が鮮明になっており、転売活発化な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]