/

この記事は会員限定です

電動バイクで欧米も開拓 北京牛電科技(中国)

車体にセンサー、データ活用

[有料会員限定]

北京牛電科技(ニウ・テクノロジーズ)は中国の北京市で2014年に設立し、18年に米ナスダック市場に上場した電動バイクメーカーだ。車体各部に設けたセンサーから集めたデータを、製品やサービスの企画のほか販売店の出店計画に活用し急成長している。さらに欧米など海外企業とも大型取引に乗り出し、動きは活発だ。

「将来は空飛ぶ車ができるかもしれないが、交通問題を解決するには今のところ電動バイクが最適だ」。李彦・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン