新型肺炎、中国の産業集積地に打撃
上海・蘇州で休業延長 世界の供給網に不安

2020/1/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔】新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国の製造業への影響が懸念されている。中国政府は春節(旧正月)連休の延長を決め、上海市やハイテク産業の集まる蘇州市は企業に休業の延期を通知した。ホンダなど中国進出の日本企業も生産計画の見直しを迫られる可能性がある。工場の稼働中止が長引けば、中国発の世界のサプライチェーン(供給網)に影響が及びそうだ。(関連記事総合2、国際面に

中国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]