遠州鉄道、小田急とタッグ MaaSで浜松に誘客 企画乗車券、アプリで販売

2020/1/28付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

複数の移動手段を組み合わせて一つのサービスとして提供するMaaS(マース)。交通各社がその可能性を探るなか、地方の中小鉄道会社としていち早く参入したのが遠州鉄道(浜松市)だ。小田急電鉄と組み、鉄道の企画乗車券や飲食店のチケットを専用のスマートフォンアプリで販売している。浜松を訪れる人を増やして地域経済の活性化につなげる狙いだ。

MaaSは鉄道やバス、タクシー、配車サービス、シェア自転車などあらゆ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]