熱視線明治大サッカー部監督 栗田大輔(上) 独自の攻撃型布陣で3冠を達成/インカレVへ「経営方針」で意思統一

2020/1/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

2019年の大学サッカー界を席巻したのは明治大学だった。関東リーグ戦1部で最多勝ち点を更新し、大学主要タイトルを独占する「3冠」を達成。卒業後、Jリーグ各チームに進む選手は9人を数える。そのタレント集団を鍛え、まとめ上げた監督の栗田大輔はサラリーマン。総合建設会社(ゼネコン)の清水建設で鍛えた経営力が強いチームづくりの背景にある。

19年12月22日、小雨がちらつく駒場スタジアム。全日本大学選手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]