/

この記事は会員限定です

米、EUの炭素税に報復示唆

環境問題、貿易に影

[有料会員限定]

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は26日、欧州連合(EU)が検討する炭素税についてロス米商務長官が報復を警告したと伝えた。「炭素税がどのような形かによるが、デジタル税のように本質において保護主義的であれば対抗する」と同紙に語った。EUの温暖化ガス削減策が米国との貿易関係に影を落とす可能性がある。

EUは環境対策が十分でない国の製品に関税を上乗せする「国境炭素税」を一部の分野で計画している。温暖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン