「MaaS」普及へ鉄道先行
JR東、仙台観光を便利に 東急、伊豆乗り放題パス

2020/1/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年は鉄道各社が提供する次世代交通サービス「MaaS(マース)」の普及元年になりそうだ。JR東日本は都内などに続き、近く仙台市で観光を簡便にする新たな実証実験に乗り出す。東急は静岡県の伊豆地方で取り組む実験のエリアを拡大する。人の移動をスムーズにするマースが本格的に広がれば、地域活性化の切り札になると期待されている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]