/

この記事は会員限定です

ボーイング「777X」初飛行

次世代大型機 計画から半年遅れ

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米航空機大手ボーイングは25日、開発中の次世代大型旅客機「777X」の初飛行を報道陣に公開した。初飛行は当初、2019年夏ごろに計画していたが、新型エンジンの開発の遅れなどで延期していた。米連邦航空局(FAA)の承認手続きを経て、21年に航空会社への引き渡しを始める計画だ。

777Xは25日午前にワシントン州のボーイングの飛行場を離陸し、およそ4時間のフライトを終えて帰還...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン