/

この記事は会員限定です

泉佐野市訴訟、30日判決 ふるさと納税 問われる地方分権

「法施行前実績で判断」争点

[有料会員限定]

ふるさと納税制度からの除外を不服とする大阪府泉佐野市が総務省と争っている訴訟で、大阪高裁は30日に判決を出す。法施行前の高額な返礼品で巨額の寄付を集めた同市を総務省が問題視し、制度から外したことが適法かどうか、双方の主張は対立する。判決は総務省が自治体に権限を及ぼすことで動かしてきた地方自治のあり方を問うものにもなる。

ふるさと納税は好きな自治体に寄付すると住民税や所得税が減るしくみ。豪華な返礼品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り474文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン