/

この記事は会員限定です

オリエンタルランド、営業益6%減 4~12月

悪天候が打撃

[有料会員限定]

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドの業績拡大の勢いが鈍っている。2019年4~12月期の連結営業利益は前年同期比6%減の1000億円前後と、同期間としては3年ぶりの減益となったもようだ。関東地方に上陸した台風の影響を受けたほか、雨の日が多く入園者数が減った。社員やアルバイトの賞与を増やし、人件費も膨らんだ。オリエンタルランドの業績はサービス消費や外国人観光客の動向を色濃く映しており、他の企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン