南海トラフの津波確率公表 「3メートル以上」71自治体で26%以上

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府の地震調査委員会は24日、将来の発生が懸念される南海トラフ地震で西日本から東日本の各地を襲う津波の確率を公表した。太平洋側や瀬戸内の352市区町村のそれぞれについて、3~10メートル以上の津波の高さを3パターンに分けて30年以内の確率を計算した。これまでは最も高い津波への警戒を各地に呼びかけており、高さごとに確率を示すのは初めて。より現実の危機を伝え、行政や企業、個人の備えを強く促す狙いだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]