マスク、販売急増 ドラッグ店など新型肺炎で需要

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の広がりを受け、日本でマスクが爆発的に売れている。ドラッグストアは在庫を積み増し、ユニ・チャームなどメーカーは増産する。越境電子商取引(EC)での注文も伸びる。中国では25日の春節(旧正月)期間の前後40日間で、帰省や旅行などにより延べ約30億人が移動すると見込まれ、帰省する在日中国人や日本人が自衛に動く。(総合2面参照

厚生労働省や中国の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]