セリーナ、3回戦で散る 凡ミス連発「あり得ない」

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

第3セット5-6からのサービスゲーム。3本目のマッチポイントを握られたセリーナ・ウィリアムズのバックがネットに掛かった。マーガレット・コート(オーストラリア)の史上最多記録に並ぶ四大大会24度目の優勝はまたしても夢と消えた。

王薔とは昨年の全米オープンでも対戦し、1ゲームしか落とさず44分で圧勝していた。今回も、試合前の現地テレビでは勝敗より王薔が何分持ちこたえられるかを話題にしたほどだったが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]