三菱航空機、旅客機納入を来年以降に 6度目延期

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三菱重工業は傘下の三菱航空機(愛知県豊山町)で開発中の民間旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」の初号機の納入計画を来年以降に延期する方針を固めた。2020年半ばの納入を目指してきたが、機体開発の遅れで、国土交通省からの型式証明(TC)取得が間に合わないと判断した。延期は6度目となり、一段の信頼低下が懸念される。

24日に開いた会議で延期スケジュールが報告された。2月6日にも延期を公表する見通し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]