学研HD「介護」で成長 株価、昨年8割上昇 23年ぶり高値 買収でサービス多様化

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

学研ホールディングスが「介護関連株」として存在感を強めている。2019年以降に株価は8割強上昇し、12月には約23年ぶりの高値を付けた。少子化で参考書や学習塾など教育関連事業が苦戦しているが、医療福祉事業の利益が伸びている。高齢化を追い風に一段の利益成長を期待する声も出始めている。

横浜市鶴見区にある学研のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。学習教室や自治体の施設も同じ建物の中にあるため、時に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]