経済学者、企業の参謀に 最新理論で効率化 好みの服、提供しやすく 不動産競売の是非提案

2020/1/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ミクロ経済学者が企業と組む動きが出てきた。学者が経済学や数学の知見をもとに助言し、企業は通販サイトの運営などに生かす。海外では「ダイナミックプライシング」(変動価格)など学者の見方をビジネスに生かすケースが増えてきた。日本の学者も、企業の参謀として活躍しそうだ。

米エール大学の成田悠輔助教授は今冬、衣料通販サイト「ゾゾタウン」の研究開発チーム「ZOZO研究所青山」と共同研究を始めた。経済理論を生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]